CIO MB20W-10000レビュー|パススルー充電・2台同時充電が旅行に便利なモバイルバッテリー

いろか
いろか

こんにちは!ちょこはぴトリップのいろか(@iroka_444)です!

この記事でわかること
  • CIO MB20W-10000の使用レビューについて
  • CIO MB20W-10000の旅行に便利なパススルー充電機能について
  • CIO MB20W-10000の旅行に便利な2台同時充電機能について

写真を撮ったり地図を見たり、何かとスマホを使う時間の多い旅行の時間。

そんな便利な頼りになるスマホの充電があと10%しかない‥!切れてしまったら同行者と連絡が取れない‥ホテルに帰り方が分からない‥

こんなハラハラした経験をお持ちの方も多いのでは?

おだんごちゃん
おだんごちゃん

そんなハラハラを味わいたくないビビりなわたし。

スマートフォンを持ち始めてから(iPhone3GSがはじめての相棒)外出時間が多いときはモバイルバッテリーを常に持ち歩いています!

CIO MB20W-10000を購入する前は、AnkerのPowerCore10000を使用していました!

memo

AnkerのPowerCore10000はAmazonの売れ筋ランキングいまだに1位(2021年11月時点)

2017年に購入してから5年くらい経っていたので中のバッテリーの劣化が気になり、はじめてCIOの商品を購入してみたのですが‥

いろか
いろか

え!旅行に最適すぎへん?!?!

わたしが旅行に便利と感じたポイントがこちらの3つ。

  • パススルー充電ができるので、ホテルのコンセント1つで「スマホ+モバイルバッテリー」が充電できる
  • 観光中に2台同時にガジェットを充電可能
  • iPhoneを一番速く充電できる20W対応なので、カメラやマップを使いすぎて充電がなくなってしまっても急速充電が可能

モバイルバッテリーは、きちんと選ぶと旅行や外出時の安心度が格段に上がります!

いろか
いろか

そんな便利な機能のついているCIO MB20W-10000、以前使っていたAnker PowerCore10000と比較しつつご紹介していきます♪

この記事はこんな人におすすめ
  • パススルー充電ができるコンパクトなモバイルバッテリーをお探しの人
  • 2台同時にガジェットを充電したいことがよくある人
  • 充電がよく減るので急速に充電をしたい人
  • スマホを2回充電できるモバイルバッテリーがほしい人
  • 旅行に便利なモバイルバッテリーをお探しの人

CIO MB20W-10000のよかったところ・気になったところ

お気に入りモバイルバッテリーとなったCIO MB20W-10000

いろか
いろか

まず使ってみてよかったところ・気になったところをお伝えしていくよー!!

よかったところ
  • コンパクトな手のひらサイズで旅行の荷物もスリムに
  • スマホは約2回充電可能で、ワイヤレスイヤホンやタブレットも出先で追加で充電できる
  • 出先でガジェットを2台同時に充電できる
  • パススルー充電ができるので、コンセントが少ないときでもスマホと同時に充電できる
気になったところ
  • 専用の充電ケーブル「USB-C to Lightningケーブル」を購入しないと急速充電できない(結果買いました)
  • 女子には好き好みが分かれる外観(私はガジェット好きなのでもれなく好きでした)

CIO MB20W-10000のよかったところ

まずはよかったところ!

おだんごちゃん
おだんごちゃん

コンパクトな手のひらサイズで旅行の荷物もスリムに

手のひらサイズで卵3つ分の軽さなので、旅行のバッグに入れても大きさも重さも気にならないのは、荷物が増えがちな旅行の荷造りにはとてもありがたい!

CIO MB20W-10000は旅行用のサブバッグに入れても邪魔にならないコンパクトさ
場所もあまりとらずバッグの中もすっきり

ちょうど手のひらサイズでiPhoneと同じくらいの重さでもあります。

iPhone13proが約200gで、CIO MB20W-10000が約180g
iPhone13proが約200gで、CIO MB20W-10000が約180g

スマホは約2回充電可能で、ワイヤレスイヤホンやタブレットも出先で追加で充電できる

旅行って、ずっと外にでずっぱりでなかなか充電をゆっくりできるタイミングってないですよね。

そんなとき、CIO MB20W-10000を持っていればスマホを約2回充電できるという安心感を手に入れることが出来ます!

CIO MB20W-10000はiPhoneを約2回充電できる
いろか
いろか

iPad miniなら1.2回なので、タブレット類は約1回ほど充電できるみたい!

電池の減りを気にしなくていいというだけでも、旅行中の心の安定感が違いますね。

出先でガジェットを2台同時に充電できる

これもよくあるあるなのですが、旅行の観光中にガジェット類が一気にバッテリー切れ寸前になってしまうパターン。

CIO MB20W-10000があれば、どちらか一方を諦めて犠牲にすることなく充電することが可能です!

CIO MB20W-10000はカメラのバッテリーとスマホを同時充電
カメラのバッテリーとスマホを同時充電
いろか
いろか

カフェで一息‥なんていうちょっとした時間に2台とも充電回復させられるのはとっても便利!

ちょこはぴPOINT

2台同時充電をするときは、急速充電できないのでご注意ください!

パススルー充電ができるので、コンセントが少ないときでもスマホと同時に充電できる

観光目的の旅行でホテルはお安めのところに泊まるときって、お部屋にコンセントが少なくてコンセントの取り合い‥なんてことよくあります。

パススルー充電ができると「携帯+モバイルバッテリー」を1つのコンセントで充電可能!

いろか
いろか

コンセントを取り合わずにすむね!

CIO MB20W-10000はパススルー充電可能
パススルー充電するために繋げてみたところ

カフェなど、コンセントを使えるところが限られているような空間でも威力を発揮します!

CIO MB20W-10000はパススルー充電可能

CIO MB20W-10000の気になったところ

次はすこし気になったところ!

おだんごちゃん
おだんごちゃん

専用の充電ケーブル(USB-C to Lightningケーブル)を購入しないと急速充電できない(結果買いました)

現時点でiPhoneを最速で充電させようと思うと、「20W出力ができるケーブルと充電器」が必要です。(それ以上のものはオーバースペックになるので不要)

CIO MB20W-10000は20W出力に対応しているのですが、ケーブルを適当なものにしなければ急速充電の恩恵を100%受けることができません‥!

いろか
いろか

わたしも最近知りました‥笑

多くの方がお持ちであろう(わたしもこれしか持っていなかった)USB Type-AのiPhone充電ケーブルは18Wが最大出力になっています。なのでせっかくの急速充電ができない‥

こんな感じのケーブル
左:Lightning 右:USB Type-A
左:Lightning 右:USB Type-A

なので、100%恩恵を受けるためには20W出力ができるUSB-C to Lightningケーブルなるものが必要です。

左:Lightning 右:USB Type-C
左:Lightning 右:USB Type-C
USB Type-Cはこんなかんじで中が空洞
USB Type-Cはこんなかんじで中が空洞

できるだけ出先で早く充電を回復させたい!!という希望のある方は、追加でこの形のケーブルを購入する必要があります。

いろか
いろか

まぁでも結局普段使いでもガンガン使えるから、1本くらい持っていると毎日が快適♪

わたしも追加で30センチサイズのものや1mサイズのものを購入しました!

旅行などには30センチサイズが便利!

女子には好き好みが分かれる外観(私はガジェット好きなのでもれなく好きでした)

外観は、ザ・ガジェット!といった見た目。

IO MB20W-10000の外観
いろか
いろか

わたし、基本的にカメラとかガジェット関連のフォルム大好きなのでむしろ大好物な見た目なんですが、女の子らしい見た目ではないかなと‥

その点で比較するとAnker PowerCore10000はカラーが4色展開で、女の子も持ちやすいホワイトもあるので、カラー重視の方はこちらの方がおススメかなと思います!

Anker公式サイトより

CIO MB20W-10000のレビュー

次に、いままで使っていたAnker PowerCore10000との比較をしつつ、CIO MB20W-10000のどのあたりが具体的によかったのか?を見ていきたいと思います!

商品名CIO MB20W-10000Anker PowerCore10000
バッテリー容量10000mAh10000mAh
サイズ約52×105×25mm約92 x 60 x 22mm
重さ約178g約180g
合計最大出力(1台充電時)最大20W
(USB Type-C)
※USB Type-Aは18W
最大12W
2台同時充電
(15Wを振り分け)
×
パススルー充電×
ポート数3個
USB Type-C
USB Type-A
MicroUSB
2個
USB Type-A
MicroUSB
機内持ち込み

サイズ・重さ

サイズ表記を見ると、「CIO MB20W-10000」と「Anker PowerCore10000」はほぼ同じサイズ感。

実際に並べてみるとこんな感じです。

横幅はAnker PowerCore10000のほうが少し短め。

CIO MB20W-10000とAnker PowerCore10000の比較

高さはすこしCIO MB20W-10000のほうが短め。

CIO MB20W-10000とAnker PowerCore10000の比較

厚さはCIO MB20W-10000のほうが少し厚めに見えますが、長さは短いので、結果どこを比べてみてもだいだい同じサイズ感でした。

CIO MB20W-10000とAnker PowerCore10000の比較

重さもほぼほぼ一緒です。

いろか
いろか

わたしの使っているiPhone13PRoは約203gなので、携帯より少し軽いくらい!

CIOの公式HPには、卵3つ分の重さと表記がありました!

最大出力(1台充電時)

最大出力は、

  • CIO MB20W-10000⇒最大20W
  • Anker PowerCore10000⇒最大12W

先ほどお伝えした通り、数字が大きければ大きいほど、急速に充電することが可能です。

現状iPhoneが受け入れられる上限の電力は18~20W(20WはiPhone12以降対応)なので、一番フルパワーで充電してくれるということ!

ちょこはぴPOINT

iPhoneを急速充電できるようになったのはiPhone8からです。(それ以前のモデルは非対応)

CIO公式HPには、30分で50%の急速充電可能と記載がありました!

いろか
いろか

歩き疲れてカフェで一息ついている時や、食事の時間なんかにパッとすぐに充電回復してくれるのはとってもありがたい!

ポート数

CIO MB20W-10000はポートが3つついています。

  • USB Type-A(ガジェットを充電する用のポート)出力最大18W
  • USB Type-C(ガジェット充電、モバイルバッテリーを充電どちらも可能)出力最大20W
  • MicroUSB(モバイルバッテリー充電用のポート)
左:USB Type-C 真ん中:USB Type-A 右:MicroUSB

Anker PowerCore10000はポートが2つです。

  • USB Type-A(ガジェットを充電する用のポート)出力最大12W
  • MicroUSB(モバイルバッテリー充電用のポート)
 左:USB Type-A 右:MicroUSB
左:USB Type-A 右:MicroUSB

CIO MB20W-10000はポートが3つあることで、先ほどご紹介したパススルー充電もできますし、出先でガジェット2台同時充電も可能に!

CIO MB20W-10000はパススルー充電可能

機内持ち込み可能

CIO MB20W-10000機内持ち込みをすることもできます。

いろか
いろか

スマートフォンやワイヤレスイヤホンなんかを飛行機に乗っている間も充電でき、フライト時間を有効活用できるのは地味に便利!

このまま飛行機に乗り込めます!!

CIO MB20W-10000のレビューまとめ

CIO MB20W-10000のレビューでした!

特にこだわりなくいままでモバイルバッテリーを選んでいた方も多いかと思いますが(わたしもそうでした)、きちんと選ぶととっても毎日が便利になるなと実感している今日この頃。

いろか
いろか

ぜひご参考にしていただき、便利さを実感してみてほしい‥!

みなさんに素敵なちょこはぴがたくさんありますように♡以上!いろか(@iroka_444)でした!!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA