旅行に便利なモバイルバッテリーは飛行機に持ち込み禁止?機内に持ち込みできる容量は160Wh以下まで

いろか
いろか

こんにちは!ちょこはぴトリップのいろか(@iroka_444)です!

旅行には欠かせないモバイルバッテリーは、なかなか充電ポイントのない旅先で、カメラや携帯の充電切れを救ってくれるヒーロー的存在。

はてさて、久しぶりに飛行機に乗るけどモバイルバッテリーって機内に持ち込むことってできるんだっけ?没収されない?というお悩みについてこの記事ではお伝えしていきます!

モバイルバッテリーは飛行機の手荷物として預けることはできず「機内持ち込み」のみ可能

結論をまずお伝えすると、最近主流となっているリチウムイオンバッテリーを搭載しているモバイルバッテリーは、飛行機の手荷物として預けることはできず、「機内に持ち込みのみ可能」となっています。

ただ、全てのモバイルバッテリーを持ち込みすることはできず大きすぎる容量のものは持ち込めない場合もあります。

持ち込める容量に決まりがあるので、お手持ちのモバイルバッテリーが持ち込める容量なのかどうか、まず確認する必要があります。

ちょこはぴPOINT

コンビニなどで急遽購入した時に「電池タイプのモバイルバッテリー」をお持ちの方もいらっしゃると思いますが、こちらは電池を取り外せば預け入れ荷物に預けることも可能です。
預け入れたい場合は、電池は預け入れられないので手荷物として持ち込んでください。

飛行機に持ち込めるモバイルバッテリーの容量

モバイルバッテリーを機内に持ち込めるかどうかは、国土交通省の指示に基づき厳格に決められています。

機内持ち込み手荷物
100Wh以下の
モバイルバッテリー
100Wh超、160Wh以下の
モバイルバッテリー (※1人2個まで)
160Wh超の
モバイルバッテリー
×
預入れ手荷物
100Wh以下の
モバイルバッテリー
×
100Wh超、160Wh以下の
モバイルバッテリー (※1人2個まで)
×
160Wh超の
モバイルバッテリー
×

上記を確認すると、160Wh以下のモバイルバッテリーであれば持ち込みができることがわかります。

ですが、実際にモバイルバッテリーを購入したことがある方は、容量の表記の違いに気付くはず。

いろか
いろか

あれ?わたしのモバイルバッテリー、10000mAhって書いてるけど、これって飛行機に持って入れるの?160WhのモバイルバッテリーのmAhってどのくらい?

そうなんです、実際に販売しているモバイルバッテリーと、飛行機の持ち込みを確認する時の表記って、容量の表記の方法が違うんです。

160Whは、計算すると43,243mAhなので、43,243mAh以下のモバイルバッテリーであれば、安心して持ち込みができます。(1人2個までという制限はあります。100Whは27,027mAhです。)

「大容量」と販売されているモバイルバッテリーも、大きくても40000mAhまでくらいのものが大多数なので、現在販売されているほとんどのモバイルバッテリーが機内に持ち込みができるかと思います。

注意

ワット時定格量(Wh)の記載がないモバイルバッテリーは持ち込み不可なので、必ず表記のあるものを購入するようにしましょう。

手荷物検査のときにモバイルバッテリーは外に出さなくてOK!

手荷物検査の際は、モバイルバッテリーをカバンの外にだす必要はありません。

よく、「電子機器類はカバンの外にだしてください」というアナウンスを聞くかと思いますが、あのアナウンスの意味は電波を発するノートパソコンやスマートフォンなどがカバンの中に入っているとX線を通してもカバンの中が良く見えないことがあるから。

電波を発することのないモバイルバッテリーは、カバンの中の確認の邪魔にはならないため、外に出す必要はありません。

いろか
いろか

手荷物検査のときいつも外に出していないけど一度も外に出してといわれたことないよー!

飛行機の中でももちろん、普段通りに使用して頂いて構いません。

国内線の飛行機モバイルバッテリー機内持ち込み可否一覧

国内線の各航空会社の容量制限も確認しておきます。以下の航空会社は、最初にお伝えした160Wh( 43,243mAh )以下であれば持ち込みすることができます。

航空会社モバイルバッテリー
100Wh未満
モバイルバッテリー
100~160W ( 43,243mAh まで)
日本航空(JAL)
全日本空輸(ANA)
ジェットスター
AIRDO(エアドゥ)
スカイマーク
ピーチ
ソラシドエア
スターフライヤー
バニラエア


(※1人2個まで)
いろか
いろか

どの航空会社も手荷物の中にいれてモバイルバッテリー持ち運べることが分かって安心♪

飛行機に乗るときにモバイルバッテリーを預けてしまったら航空会社のカウンターに連絡を!

もし万が一、預け入れ手荷物の中にモバイルバッテリーを預けてしまった場合は、すぐさま航空会社のカウンターに連絡をしてください。

いろか
いろか

たとえ飛行機のドアが閉まる直前であっても、絶対に航空会社のスタッフに伝えてください!!

間違えて預け入れ手荷物に入れてしまったとしても、預入荷物のX線検査で発見されることが多いようですが、万が一見つからなかった場合は緊急事態です。

モバイルバッテリーを含むリチウムを使った電池は稀に発火や爆発をする危険性があり、貨物室で仮に爆発してしまうとすぐに対処ができないのでかなり危険。

間違えて預け入れてしまうと遅延の原因にもなり、ほかの方にも迷惑がかかるので絶対に預け入れはしないようにしてください。

機内持ち込みできる旅行におすすめのモバイルバッテリー(160Wh以下)

飛行機に持ち込める10000mAhのおすすめモバイルバッテリー

旅行に便利な機能満載のモバイルバッテリーとしては、CIO MB20W-10000が多機能でおすすめ!

  • パススルー充電ができるので、ホテルのコンセント1つで「携帯+モバイルバッテリー」が充電できる
  • 観光中に2台同時にガジェットを充電可能
  • iPhoneの受電最大数の20W対応なので、カメラやマップを使いすぎて充電がなくなってしまっても急速充電が可能
いろか
いろか

10000mAhでも、カメラやスマホを十分充電することができるよ!

飛行機に持ち込める大容量20000mAhのおすすめモバイルバッテリー

Anker PowerCore Essential 20000は、

  • iPhone 11 / 11 Proを4回以上、Galaxy S10を約4回、iPad mini 5を2回以上満充電できる超大容量
  • 2台同時充電可能
  • ブラックカラーのほかに、女性に嬉しいホワイトカラーの2色展開

まとめ

「旅行に便利なモバイルバッテリーは飛行機に持ち込み禁止?機内に持ち込みできる容量は160Wh以下まで」をお届けしました!

いろか
いろか

旅行に便利なモバイルバッテリー、ぜひ旅行のお供に連れて快適な旅行時間を!

みなさんに素敵なちょこはぴがたくさんありますように♡以上!いろか(@iroka_444)でした!!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA